クレンジングと洗顔料の違い

subpage1

女性の人の間でも、クレンジングと洗顔料の違いがよく分かっていないという人が多いのではないでしょうか。



洗顔は顔の表面のホコリや余分な皮脂や汗、それに毛穴から古くなって排出された角質層など水性の汚れを落とすものです。これに対してクレンジングはメイクや日焼け止めクリームなどの油分の不要となった汚れを落とす働きがあります。このようにクレンジングと洗顔料では機能が全く異なりますから、メイクなどをした日にはどちらか一方だけで済ませればいいというものではありません。



メイクや日焼け止めクリームの使用が少なかったという場合でも、必ずこの2段階の洗顔は行うようにします。

順番としてはクレンジングを行った後に洗顔をすることになりますが、クレンジングをした後はきれいになっているように見えますから洗顔は面倒でしなくてもいいや、と思いがちですが、見た目にはきれいになっているように見えても、水性の汚れは落ちていないものです。

これをそのまま翌日に持ち込むのはお肌にとってマイナスになりますから必ず洗顔も行うようにしましょう。

この2段階の洗顔ではお肌に負担がかかり傷つきやすいものになっていて、デリケートなお肌の人にとってはダメージがあるかもしれません。

そのような人は泡が多いタイプのものを選ぶといいでしょう。

たっぷりの泡で顔を包み込むようにやさしく洗い上げるタイプのものはお肌への刺激が少なくて済みます。
またお肌の乾燥が気になるという人は、洗顔後に保湿クリームを忘れずに塗っておくことも重要です。