クレンジングの種類について

subpage1

クレンジングにはさまざまな種類があり、オイル、リキッド、クリーム、ミルク、ジェルなどのタイプがあります。


これらは使っているメイクによって使い分ける必要があります。その日のメイクはその日のうちにきちんと洗い流しておかないと、肌に負担がかかってトラブルの原因となるからです。これらのクレンジング料はメイクを落とす際の洗浄力が違っているのが大きな特徴です。

クレンジングのランキングに関連した情報が掲載されています。

例えばメイクがしっかりと濃いものを使用している部分では洗浄力の高いオイルタイプやリキッドタイプのクレンジング料を使うようにします。ベースメイクは薄めであっても目元など部分的に濃いメイクを使用している場合には、その部分だけオイルタイプを使うようにします。

OKWaveを知りたい方必見の情報を集めました。

オイルタイプやリキッドタイプのものはお風呂場でも使用できるものが多く、ぬるま湯を使ってメイクをしっかりと洗い流すことができます。



しかしその高い洗浄力のためにお肌表面への刺激がある場合もありますから、洗浄するときにはゴシゴシとこすらずに表面をやさしくマッサージするようにし、使用後は保湿クリームなどでお肌に潤いを与えてケアするようにするといいでしょう。

クリームタイプやミルクタイプのものはメイクの洗浄力は低いものの、お肌にやさしくしっとりと洗い上げることができることが特長で、洗った後はしっとり感が保たれるのが特長です。
濃い目のメイクの場合にはなかなか落ちにくいという欠点はありますが、薄めのメイクであればこれらのタイプでも十分でしょう。